2014年08月20日

じいちゃんとパパ??

家のお姉ちゃんは、今年、中学生になったのですが、ちょっと、神経質なんですよね。
よく聞く言葉は、”気持ちわり〜”
見えるか見えないか位の蜘蛛を見ても。実家にある木の柱の節目にしても気持ちわり〜。
最後には、実家の庭を、一生懸命、草とりした際に、蚊に刺されたパパの足を見て、
気持ちわり〜ですから。。
ひどくないですか〜
※これは、先週のお盆休みで、お墓参りに帰省した時の話です。

そこへ、おじいちゃんが、どうどうとやってきた、これ見よがしに、靴下には大きな穴が。。
足の半分は、外に出ているような状態でした。なんともま〜
ちょっと。と私は小言でも言いたくなるようなみすぼらしい姿に見えたのですが。。

その娘は、ハハ。。
おじいちゃん、なにそれ〜、”あっ”ちょっと見せて、すごい足の爪伸びてる。

確かに、爪は地面に届きそうな位伸びていた。
その足は、決して綺麗ではない。
私からすると、その足が、まさに、”気持ちわり〜”なのに??

私、切ってあげる。????
What??

あの娘が、自ら進んで、爪切ってあげるって??
さっきのパパへの態度と、偉い違いじゃない??

何故だろ??
posted by 30000組祝福家庭 at 23:20| Comment(0) | 親ばか日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

人生山あり谷あり

文先生の教えの中に、壮大な歴史観に基づく、如何に生きるべきか?と云う人生の目的が提示されます。
神様の願いを学び、今の私の姿は、本来の姿ではない。と云うことが判ります。
そこで、神様の下に帰りましょう。と云う教えがあります。でもどうやって???

一つには、本日思い起こされたことで、本来の姿に戻るためには、越えていくべき試練が、
なんと8段階にも及ぶという内容です。

我々統一教会員にとっては、ごく当たり前のように学ぶ教えです。
例えば、何かの責任を任され、見事周りの期待に応え、褒め称えられるような立場に立ったして、
しかし、理不尽にも、その位置を維持することは出来ず、奈落のそこに落とされるような経験もします。
言ってみれば、会社でいうと、マネージャから、全くの一般社員に左遷されるような感じです。
私も何度か経験しました。

また、こつこつと努力していき、あるポジションで成果を上げてきたときに、
上司であるマネージャに対して反発心を抱き始めるようなこともそうかもしれません。

邁進する心を持ち、反発する心もあります。
この心のベクトルが、どこを向くか?とコントロールすることが本当に難しいと感じます。
自分の思いへ関心が向くのか?それとも正しい道へ?と苦悶します。
悲しいかな、この場合、大体、自分の思いへ関心が向いてしまいます。

本来なら、これは、私の心の限界であり、云わば、成長するチャンスなんでしょうけど。。
口惜しいかな。自分に負けてしまいます。
ここで乗り越えれば、次へ進めるのに。。。
逆に、越えられないと、同じことが、また、やってくる。
私の心で感じた内容です。

ちょっと、アホになるくらいの境地かもしれませんね。
受け入れることができなら。きっと新しい世界が広がる。
決して環境は悪くない。誰のせいでもない。
自分がいけないと感じられるかどうかが勝負の分かれ目になるって思いませんか?

すみません。独り言でした。

posted by 30000組祝福家庭 at 00:10| Comment(0) | 文鮮明先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

Oh, Yes, This is the "Unification church"!

結婚するまで、お互いの相対のために純潔を守り、幸せな家庭を築く。

私もこの結婚式に参加しました。その日まで、お互いよく判らない相手と結婚??
不思議ですよね。

それでも、毎年、若者たちが集まり結婚する。その多くが幸せな家庭を築いています。
自分の子供には、絶対にこの結婚式に参加させたい。
なぜだか?知りたくありませんか?



posted by 30000組祝福家庭 at 23:15| Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。